『Ai国際医療研究所』 所長 有永洋子(看護学博士)

【事業紹介】
AiはArtificial Intelligenceとは関係なく、「あい」と読みます。
愛をもって科学と社会の向上に貢献したいという思いから名付けました。

看護師歴14年、研究者歴8年、オーストラリア首相に奨学金を頂き現地で研究を行ったり論文を書いたり、国際対応スキルと研究スキルを活かしたお仕事がしたいと2019年に長崎で起業しました。

国際対応サポート事業としては、学術論文の翻訳や国際会議参加のサポート、医療通訳のほかに、NAVIGATE NAGASAKIとNAGASAKI WELLNESSというプロジェクトを行っています。前者は長崎を外国人にフレンドリーな街として、サイト、路面電車MAP、SNSなどで紹介しています。後者は世界に通用する長崎の美容・健康・ウェルネスサービスを外国人および国内観光客に提供しています。英語なんて無理という事業者さんほど、サポートを喜んでいただいていると思います。

研究コンサルティングは旧帝大の先生方をはじめ、研究デザインやバックグラウンドリサーチ、論文執筆、査読、翻訳校正など、学術研究関連のサポートと、公的機関の実態調査や実証実験をデザインからさせていただいております。グラバー園や観光施設の実態調査およびGoogleマイビジネス登録前後比較実験などを通じて、満足度を上げる変数、観光客特性、施設の強みや弱みなど統計解析で導き出された結果をもとに問題の定期・改善策の提案を行っております。

英語化(補助金利用)や実態調査などご関心があられましたらご連絡ください。

【HP】
Ai国際医療研究所
https://ai-medical-ri.com/

Navigate Nagasaki
https://navigate-nagasaki.com/

Nagasaki Wellness